News & Events

新型ロールス・ロイス ゴースト シンプルさの頂点

news_20200911

2020年9月1日、英国グッドウッド

「初のグッドウッド製ゴーストは、年齢や考え方がそれまでとは異なる、まったく新しい世代の顧客層のニーズを満たすために生み出されました。こうしたお客様は、やや小ぶりで、然り気ない存在感のロールス・ロイスを求めていました。このようなニーズに応え当社が創り上げたこの製品は、私たちの野心的な期待を大きく上回る成果をもたらしました。2009年に発売されたゴーストは、その10年間の生産期間において、ロールス・ロイスの116年の歴史上で最も多くの販売台数を誇るモデルとなりました。

今後10年間にわたりゴーストを所有するお客様の心に響くような新製品を創り出すため、当社はお客様が何を求めているのか、その声にじっくりと耳を傾ける必要がありました。今日、私たちは、ロールス・ロイスの特定の顧客層を対象にしたまったく新しいクルマを創り上げることで、顧客中心主義の新たな基準を確立しました。実業家や起業家などで構成されるこうした方々は、ゴーストに、これまで以上に多くを望んでいます。これらのお客様は、ダイナミックで、静粛性と快適性に優れ、ミニマリズムを極めた新しいタイプのスーパー・ラグジュアリー・サルーンを求めています。そしてその答えが本製品、新型ゴーストなのです。

新型ゴーストがグッドウッド生まれの初代ゴーストから受け継いだコンポーネントは、スピリット・オブ・エクスタシーとアンブレラだけです。それ以外のすべてがゼロからデザイン・開発・製作されました。その結果、ロールス・ロイス史上最も技術的に進歩したモデルが誕生しました。このモデルは、ロールス・ロイス・ブランドの柱となる要素を再解釈して生み出された、美しく、ミニマルでありながらも極めて手間のかかった製品であり、ゴーストのお客様の要求とも完璧に調和しています。また、今の時代にも完璧に調和する製品であると、私は考えています。」
ロールス・ロイス・モーター・カーズ最高経営責任者トルステン・ミュラー・エトヴェシュ

新型ロールス・ロイス ゴーストの概要

  • ロールス・ロイス史上、最も技術的に進歩したモデル
  • ロールス・ロイス・ブランドの116年の歴史上、最も成功した製品
  • 「ポスト・オピュレンス(脱贅沢)」のデザイン哲学に則り、華美な装飾を排除
  • ロールス・ロイス独自の強固なアルミニウム・スペースフレームを基盤に構築
  • 四輪操舵システムと四輪駆動システムの採用により卓越したバランスと安定性を実現
  • 世界初のプラナー・サスペンション・システムが俊敏性と扱いやすさを両立
  • 評価の高い、最高出力571PS、最大トルク850Nmの6.75リッターツインターボV12エンジンを搭載
  • ドアを閉めるときだけでなく開く際も電動化し、乗降のしやすさを実現
  • インテリア・コンポーネントの共鳴周波数を調整し、静寂に包まれた環境
  • パンテオン・グリルにダウンライト照明を組み込み、ロールス・ロイスの存在感をスタイリッシュに演出
  • 「ゴースト」の文字と850個の星が幻想的な光を放つイルミネーテッド・フェイシアを初採用

Rolls-Royce Ghost(ゴースト) 主要諸元

全長 5,546 mm 車両重量 2,490 kg
全幅 1,978 mm 最高出力@エンジン回転数 420 kW / 571 PS @ 5,000 rpm
全高 1,571 mm 最大トルク@エンジン回転数 850 Nm / 1,600 rpm
ホイールベース 3,295 mm 0-100 km/h加速 4.8 秒
最高速度 250 km/h(リミッター制御)