News & Events

富裕な企業家スティーブン・ハンがマカオのルイ13世ホテルの社用車として過去最多台数のロールス・ロイス・ファントムを注文


富裕な企業家スティーブン・ハンがマカオのルイ13世ホテルの社用車として過去最多台数のロールス・ロイス・ファントムを注文

富裕な企業家スティーブン・ハンは、マカオのルイ13世ホテルの社用車として世界最多の台数となる30台の特注ファントム・エクステンディッド・ホイール・ベースを購入しました。これは1回での注文としては世界最多台数のロールス・ロイスの取引となります。このうちの2台は、これまで受注した中で最も高価なロールス・ロイス・ファントムです。

この取引は、2014年9月16日に英国ウェスト・サセックス州グッドウッドのロールス・ロイス本社で行われた調印式において正式に締結されました。調印式には、ロールス・ロイスCEOのトルステン・ミュラー・エトヴェシュ、ルイ13世会長のスティーブン・ハン、ロールス・ロイス・モーター・カーズの取締役会、ルイ13世の幹部、そしてグラフ・ダイヤモンズの代表者が列席しました。

「マカオは急速に世界を代表するラグジュアリーな首都へと発展を遂げていますが、これまでにロールス・ロイスが作った中で最もラグジュアリーな2台の車両を含む、世界最多台数となる社用車のロールス・ロイス・ファントムを、マカオの多様な特徴の一つに追加できることを名誉に思っております。ルイ13世とロールス・ロイス・モーター・カーズは同じ哲学を共有しています。それは、世界で最も目の肥えた顧客層に完璧な体験を提供することです」と、ルイ13世会長のスティーブン・ハンは述べました。

「ロールス・ロイス・モーター・カーズは、1回での注文としてはロールス・ロイス史上最多台数のファントムをハン氏から受注したことを喜び、名誉に思っております。2016年のルイ13世ホテルへのファントムの納車は、マカオにおいてこれまででもっとも印象的な眺めの一つとなるはずです。ハン氏からの注文によって、手にしうる世界最高のラグジュアリー体験を求める人々にとって、ファントムが頂点の自動車だということが改めて認識されるでしょう。」と、ロールス・ロイス・モーター・カーズCEOのトルステン・ミュラー・エトヴェシュは述べました。

30台のロールス・ロイス1台1台を真に際立った車両とするために、ハンおよび、ルイ13世ホテルとグッドウッドにあるロールス・ロイスデザインチームが連係し、特注サービスであるビスポークの広範囲なカスタマイズを行いました。グラフ・ラグジュアリー・ウォッチのデザイン・製造による特注の時計をはじめ、新しく作られた特注エレメントがインテリアとエクステリアに幅広く採用されました。さらに、2台の最も高価なファントムには、インテリアとエクステリアに金メッキのアクセントが備わります。

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、ルイ13世の社用車を駐車するためのパーキングと進入路の設計についてもサポートしています。また、マカオのルイ13世のドライバーを対象とした、この類を見ない車両の運転と取扱いのトレーニングを実施する予定です。

ファントム社用車は、2016年前半にオープン予定のマカオのコタイ・ストリップにあるルイ13世ホテルのお客様を送迎することになります。